明野町のひまわり2009年08月29日 09時32分08秒

ひまわり3
夏はやっぱりヒマワリです。ここ山梨県北杜市の明野町は日照時間が日本一だけあって、ヒマワリ畑が見事です。夏の風物詩、ひまわりが60万本も植わっています。ことしは雨が多かったせいか、まだ蕾のヒマワリも多くありました。サンフラワーフェスタは8月31までですが、ちょっともったいない。まだまだ満開の見頃はこれからです。

蓮の花(その2)2009年08月10日 22時30分06秒

蓮の花ー2
「一蓮托生」という言葉があります。これは極楽浄土に往生し、同じ蓮花の上に生まれ変わって身を託すという意味から来た言葉です。インドが原産だけあって、ヒンヅー教でも象徴的な花です。俗世の欲にまみれず清らかに生きることの象徴としての花。このヒンヅー教の考えが仏教にも受け継がれたそうです。

蓮の花2009年08月10日 22時21分48秒

蓮の花
蓮の花が美しく咲いています。 蓮の原産地はインド。仏教でも極楽浄土の象徴です。 泥の中からこんな美しい花を咲かす。こんなところを見て極楽浄土を想像したのでしょう。

白鳥のひな(その2)2009年06月07日 18時03分28秒

白鳥の雛
今度は、芝生の上で日向ぼっこ。 先ほどの白鳥とは違う集団です。 猫に狙われないかと、こちらが冷や冷やします。 無事、大きくなってもらいたいものです。

白鳥のひな2009年06月07日 17時58分21秒

白鳥のひな
手賀沼には白鳥が住み着いています。 今年もヒナが孵りました。だいぶん大きくなっています。 人が近寄っても、気にせずこのとおり。でも、これ以上近ずくと親白鳥がブーブーといって威嚇を始め、「近ずくな!」と警告します。やはり親は白鳥も人間も同じで、子供を守るためには必死になるようです。

アヤメの季節到来(その2)2009年06月07日 17時56分32秒

黄色いアヤメ
一面、黄色いアヤメが満開。アヤメは紫が定番ですが、黄色いアヤメもいいものです。

アヤメの季節到来2009年06月07日 17時04分20秒

あやめ
アヤメの季節が到来しました。手賀沼沿いにあるアヤメの地では、来週、あやめ祭りがおこなわれます。今年も美しいアヤメの花が咲いています。

久々の登場2009年05月26日 17時36分31秒

久しぶりの登場
久々の登場のレオです。別に病気をしていたわけではありません。いつも通り、いたって元気。レオも9歳。人間で言うと60歳くらいでしょうか。風貌や行動も年相応になってきました。散歩も超スロースピード。用を足したらさっさと家に帰ろうとします。家でも居眠りの時間が長くなったかな。それでいて食欲は旺盛。運動不足で食欲旺盛、、、太るはずです。メタボを指摘され、獣医さんから500グラムの減量を命じられています。困った、困った。

オオデマリ2009年05月26日 17時31分01秒

オオデマリ
オオデマリ(大手毬)です。ちょっとアジサイに似ていますが、アジサイ科ではなく、スイカズラ科。花言葉は「約束守って」。何故こんな花言葉になるのか、分かりません。今年は枝が重みでしなるくらい大きな花を沢山咲かせてくれました。

クレマチス2009年05月26日 17時25分01秒

クレマチス
クレマチス、日本名は「鉄線」(てっせん)。何とも言えず上品な花です。色は紫色もあるようですが、白の方が清潔な気がします。 花言葉は「高潔」「美しい心」だそうです。見るからに花言葉どおりの雰囲気をただよわせています。